top of page

第13回極真空手道選手権広島県大会


2023年10月15日、広島市西区スポーツセンターにおいて、第13回極真空手道選手権広島県大会が開催され、志成館から型の部、組手の部合わせ13名の道場生が出場しました。

型の部では緊張が張りつめる中、出場選手一同気迫のこもった型を披露しました。その中で鮫島凜織が見事勝ち抜き一般女子の部で優勝しました。

組手の部では、どの選手も力の限り奮戦し、その中で前津宗一翔が得意の中段回し蹴りで勝ち抜き見事優勝しました。

型試合も組手試合もみんな頑張りました。また次の試合に向けて頑張りましょう。

閲覧数:330回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page