第5回東日本型大会(IBKOワールドカップ選抜大会)


2022年7月3日、東京都葛飾区葛飾病院体育館において、第5回東日本型大会が開催され、志成館から鮫島凜織、石岡伴理、花畑杏凪の3名が出場しました。

型試合は組手とは違い、静寂の中、張り詰めた緊張感の中で演武を行います。3名はこの緊張感の中、気迫のこもった方を演武し、3名とも見事決勝に進出しました。

決勝でも気迫のある方を披露し、鮫島凜織が優勝、石岡伴理、花畑杏凪は準優勝と素晴らしい成績を納めました。

3名とも11月に開催されるIBKOワールドカップ型の部の出場権を獲得しました。





閲覧数:194回0件のコメント

最新記事

すべて表示