検索
  • 空手道 志成館

第23回全日本実践空手道選手権大会


2018年2月25日、福山ローズアリーナにおいて第23回全日本実践空手道選手権大会が開催され、志成館から27名の道場生が出場しました。

この大会は来年行われるジャパンアスリートカップの出場権がかかった大会で、出場権をかけ熱い戦いが繰り広げられました。

志成館の選手たちも力を存分に発揮し、その中で石岡優音が持ち前の攻撃力で優勝勝ち取りました。中学生の猿川拓夢も決勝進出を決め、惜しくも準優勝でしたが2人がジャパンアスリートカップ出場を決めました。

結果は次のとおりです。

【優勝】

石岡優音(上級小学1年女子の部)

【準優勝】

猿川拓夢(中学男子軽量級)

【3位】

小川颯菜(上級小学3年女子の部)

石岡莉星(上級小学4年女子の部)

坂口和加(初級小学1・2年女子の部)

片田昌宏(マスターズ)


389回の閲覧

© 2023 by My site name. Proudly created with Wix.com