top of page

IBKO第15回全日本空手道選手権大会


2023年7月17日東京代々木第二体育館においてIBKO第15回全日本空手道選手権大会が開催され、志成館から組手の部に9名、型の部に3名の道場生が出場しました。

午前中は組手の部が行われ、熱気であふれかえる会場で各選手力の限り戦い抜きました。

午後は型の部が行われ、組手の部とは違う、緊張感の張りつめた静寂の中で各選手気迫のこもった型を演武しました。

今回、石岡咲蘭が3位に、岩村勇吾がベスト8に入賞しました。

全国の壁は厚く、高いです。また次回の全日本大会に挑戦できるよう、精進しましょう。

閲覧数:429回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page